About Keio Wrestling

ようこそ慶応義塾体育会レスリング部へ


体育会レスリング部は、早稲田大学レスリング部に次いで創設され、日本で二番目に長い歴史を持っています。現在、東日本学生レスリング連盟に所属しており、昭和47年に二部リーグに降格して以来、何度か二部での優勝は果たすものの、長い間、一部リーグの壁に跳ね返されてきました。「リーグ戦二部優勝、一部昇格」を目指し練習を重ねてきましたが、平成28年のリーグ戦において、二部リーグで優勝し、一部・二部リーグ入れ替え戦にも勝って、44年ぶりに一部リーグへの昇格を果たしました。他大学の様にスポーツ推薦制度を持たない慶応義塾では、塾内進学者、AO入試合格者、一般入試合格者から広く人材を募集し、各自の実力にマッチした練習から始め、レベルアップを図っています。また、慶応義塾高校レスリング部と一体となった練習強化など、長期計画に基づく練習により、さらに上を目指して、日々、努力を続けています。対人競技、格闘技の理論と実践を身に付けたいと思っている君、自分の肉体を改造、改善したいと考えているあなた、レスリングに興味があれば、お気軽に下記にお問い合わせ下さい。

 


 監督挨拶

 今年度、監督を担います宮原隆治と申します。 私たち慶應大学レスリング部は一部リーグ定着を目標に日々厳しい練習に邁進しています。練習や試合を通して部員一人ひとりが目標達成に“本気で”挑み成長につなげるとともに、応援していただいている多くの皆さんへ“感動”を届けられるレスリングを実践していきたいと考えています。  私たちの部では基礎練習やフィジカル強化を重点に置きみぢかな目標や目的を常に考え密度の高い練習を積み重ねることで、レスリング経験のある選手だけでなく大学からレスリングをはじめた選手もともに成長することを大切にしています。あわせて勝利やチームへの貢献のために常に「何ができるか」を自ら考え行動し、全員参画でチームビルディングに取り組んでいます。  先輩方から受け継いだ伝統と誇りを胸に、部員とともに新たな慶應レスリング部の歴史を創り、未来の後輩につないでいきます。今後ともよろしくお願いいたします。

レスリング部監督 宮原 隆治


 

 主将挨拶

 本年度慶應義塾大学レスリング部主将を務めさせていただくことになりました。桑田夏陽亜と申します。 我が部は本年度の目標として「東日本リーグ戦一部定着」「六大学戦四位以上」「早慶関関定期戦勝利」の三つを掲げております。昨年度は山﨑前主将を中心に、「リーグ戦一部残留」「関関早慶定期戦勝利」を果たすことができました。一昨年の一部リーグ昇格によりこれまで以上に厳しい試合が待ち受けていますが、宮原新監督の下、目標を達成できるよう精一杯練習に取り組んでいく所存です。 また、以下の三つを徹底することによりチームや人としての成長を目指します。
① 日々感謝の気持ちを忘れず、気持ちの良い挨拶・返事を実践する
② 毎日気持ちよく練習に励めるよう、道場を清潔に保つ
③ 部活動の時間になればON・OFFを切り替えて練習に励む
最後になりますが、OB・OGの諸先輩方には、昨年度も温かいご声援を賜りまして誠にありがとうございました。今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

レスリング部主将 桑田 夏陽亜


 主務挨拶

 平成30年度主務を務めます、榎本弘和と申します。
 文武両道をもとに、部活動だけでなく学業にも励み、下級生の模範となるような選手を目指します。また、主務として部の管理・運営を円滑に行い、監督やOB・OGと選手との懸け橋となれるよう努力する所存です。ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願いします。

レスリング部主務 榎本 弘和


名称慶應義塾體育會レスリング部
設立昭和九年 (1934)
住所〒223-0061
日吉蝮谷レスリング道場
横浜市港北区日吉4-1-1
部長坂上 貴之
会長大津 信行
監督宮原 隆治
指導与那覇 竜太
長谷川 充 (高校監督)
土方 政和 (特別コーチ)
主将桑田 夏陽亜
主務榎本 弘和
部員 選手 22人
   (うち高校生 2人)
マネ 3人   
   (合計 25人)